住宅ローンを借り換えるために諸費用が必要になる?

住宅ローン借り換えに関して調べていると気になる事実を発見しました。

今、住んでいない住宅の場合は住宅ローンが組めないということです。

どういった場合にそういったことが当てはまるかというと転勤することになってローンが残っている住宅と転勤先の賃貸料の二重支払いになってきついので今よりも金利が低いローンに借り換えをして支払額を抑えようと思ったときです。

なぜ新しく組めないかというと、住宅ローンという制度は自身の居住のための住宅取得資金を対象にしているからです。

そのため、いろいろな金融機関を探しても借り換え前よりも良い条件の金融商品はなかなか見つからないと思います。

離婚で別居する際なども家族扱いにならないので同じことが言えます。

住宅ローンを初めて利用する際によく聞かれるのが「自動車ローンを組んでいても住宅ローンは利用できるの?」という内容です。

結論から言えば出来ます。

しかし銀行は年収によってローンの返済額の上限を決めているので車のローンの現在の返済額が住宅ローンの借入可能額を圧迫します。

当然ですが、自動車ローンの返済を滞納していたりするとそもそもローンの借入不可なので気をつけてください。

これは住宅ローン借り換えの審査でも気をつけるべきポイントです。

稀に、現在の自動車ローンがあるので住宅ローンを組めない場合に提案してくる業者もいますが違法な方法なので注意が必要です。

住宅ローン借り換えとは、借り換え先の銀行からお金を借りて、現在借入中の銀行に返済することで債務を借り換え先に移すことです。

借り換えに関しては借入中の銀行に話す必要はないので理論上では100回でも借り換えを行なっても問題はありません。

ただ、借り換えを行う理由はなにかしらのメリットがあるから行うわけです。

そのため、多い人でも2、3回が限界と言われています。

3回も行えば十分低金利なところから借りている形になるからです。

なぜかというと住宅ローン金利が今後どうなるのかは専門家も予測不可能だからです。

そのため、借り換えのタイミングとよく言われているのが借り換えメリットが月収以上の金額になったときです。

家計を圧迫するとよく相談のある住宅ローンですが中には、組んでいるローンの金利よりも低いローンが見つかったら低い方に変えたいですよね。

ただ、金利だけを理由に変更するのはやめましょう。

住宅ローン借り換えは通常のローン借り換えとは違い登記などで様々な費用がかかってしまうので、費用を含めて計算してみたら逆に損していたということもあります。

各ローンページにあるシミュレーションでメリットがあるかを確認してから行いましょう。

借り換えを行うのによいタイミングとして言われているのが、借り換えメリットが月収以上になった時です。

住宅ローンが生活費を圧迫しているという人の中には住宅ローン借り換えでしは支払う利息を減らそうとしている人もいるのではないでしょうか。

その際に、新しい住宅ローンを探すことになりますがどんなメリットをもとにローンを選べば良いのでしょうか。

今のローンよりも金利が低いのは当然としてひとつは保証料がかからないことです。

保証料は金利に換算すると「毎年0.2%くらい」と言われ、例えば3000万円を30年ローンで返済する場合、保証料は60万円以上かかる計算になります。

また、一番のメリットと言われているのが繰上げ返済が簡単で手数料が無料なことです。

繰上げ返済を行えば行うほど元本も利息も減ります。

住宅ローンを組む際に必ず利用したい住宅ローン控除ですが実は住宅ローン借り換えを行なった後でも条件を満たしていれば利用できます。

控除を受けるには勤め先で年末調整をしていた方でも、初めて住宅ローン控除の適用を受けるには確定申告を行う必要があります。

その際、必要書類が多いので直前から準備を始めずに余裕を持って始めましょう。

借り換え後も控除を受けられる条件としては、当初の住宅ローン返済のためという内容と借り換え後の借入期間が10年以上残っているかという点です。

基本的に借り換えを行う目的は借金を返すためではなく金利を見直すためなので借入額が増えていたりしなければ適用可能なことが多いです。

今の借りているローンの金利よりも低い金利にして支払い総額を抑える住宅ローン借り換えですが、借り換えを行う際にはいくつか注意点があります。

まず一つは借り換えを行うメリット・デメリットをしっかりと把握することです。

例えば、メリットとしては月々の返済額を今よりも低く抑えられることなどが挙げられますがローンの借り換えとは今とは違う別の機関で住宅ローンを組むことなので将来的に金利が上がるリスクがあるデメリットもあります。

このように様々な面から総合的に考えるべきです。

他にも借り換えを行うのを決めた場合には、借り換え先は保証料がないローンなのか、繰上げ返済が簡単で無料かなどの基準から自分に合ったローン選びをする必要があります。

住宅ローンを活用している場合にメリットの大きい住宅ローン控除ですが住宅ローン借り換えを行った際には控除は利用できるのでしょうか。

参考:住宅ローン借り換えの諸費用とは?メリットを調査!【得する目安は?」

住宅ローン控除制度とは10年間にわたって年末の住宅ローン残高の1%が所得税額から戻ってくる制度です。

借り換え時に控除のメリットをフルに活用できるようにすることが控除をフルに利用するには、返済期間を10年以上にすることや金利1%未満なら繰上げ返済しないようにしましょう。

金利1%未満なら繰上げ返済を行いことなどがあります。

繰上げ返済をしない理由はローン控除では1%の所得税が還付されるので金利が1%未満なら戻ってくる所得税よりも支払っている金利が大きくなります。

最近、インターネット銀行などでは非常に低い住宅ローン金利を設定している場合があり、住宅ローン借り換えを考える人も多いのではないでしょうか。

その際、夫婦や親子でローンを組んでいる場合は相続税に注意が必要です。

どういった場合に問題が起きるかというと最初にローンを組んだ時に不動産の持分を夫婦共有持分としていたのが実際は夫が全額返済している場合に借り換え時に単独名義になってしまうことがあります。

こういった連帯債務の借り換えには金利以外の税負担が伴う可能性があるため、税理士や金融機関に相談してください。

場合によっては、不動産登記などの費用と発生する税負担を比べて借り換えをしないほうがいい場合もあります。

夢のマイホームを購入する際には多くの人が住宅ローンを組みます。

でも、毎月のローンの返済が多くて大変という方もいるのではないでしょうか。

そんな時に行うのが住宅ローン借り換えです。

ただ借り換えのメリットを受けたいということを考えると当然、今借りているローンよりも金利が低くなる必要があります。

その際のメリットの計算方法については各銀行でシミュレーションを用意しているのでどこがお得になるか参考にしてください。

ただ、その際の注意点として、シミュレーションを使って20万円くらい利息が少なくなるから借り換えようと思うと登記などの経費が発生してあまり得にならなかったということもあります。