借りやすい教育ローンの探し方と選び方

カードローン型と呼ばれる教育ローンについてご紹介します。

通常のカードローンと同じようにカードの限度額の範囲内であれば自分の好きなタイミングで自由に借り入れや返済を繰り返すことができるローンです。

普通のカードローンと何が違うかというと教育資金以外には借り入れたお金を使ってはいけないということです。

消費者金融や信販会社に良く見られる商品なのですが銀行でもカードローン型を提供しているところはあります。

必要な金額が明確に出やすい初年度は一括借入れ型で詳細が未定な2年目以降はカードローン型が利用できる金融機関もあります。

アルバイトの方でも収入があれば教育ローンで融資を受けることは可能です。

ですが、ローンを組むには条件があり20歳以上の成人でなければいけません。

ローンを契約するにあたり、安定した収入が必須となっている金融機関も多いので勤続年数は最低でも2年以上必要と言われています。

返済能力も審査に通る上で重要なポイントとなりますので最低でも200万円以上の年収は必要になると思っておきましょう。

いずれにせよ、学生自身が借主というのはあまりないことなので奨学金のほうが融資の可能性があると思います。

奨学金と教育ローンの違いについてご紹介します。

教育ローンと奨学金は教育のためのお金と言う点では共通しますがそれぞれ異なるものです。

教育ローンは借主が保護者ですが奨学金は学生本人に貸し付けられます。

借り方にも違いがあり、教育ローンは一括で振り込まれるのですが奨学金は毎月一定額が振り込まれるというものです。

利息についても両者には違いがあり、教育ローンは借りた日の翌日から発生するのですが、奨学金は在学中には利息がつきません。

返済開始はいつからかというと、教育ローンは借りた翌月から始まるのに対し奨学金は卒業後からの返済となります。

教育ローンとはどういったものかご存知ですか?教育ローンとは用途を教育関係の費用に限定したローンです。

参考:教育ローン審査甘い?基準通らない理由!【低金利おすすめは?】

申請者は学生の親であることが多く学費の入学金のためにローンを組む場合が多いようです。

専門学校や大学・短大の学費、私立の小・中学校なども利用対象となります。

融資する金融機関は銀行やノンバンクになります。

注意事項としては金融機関によっては保育園の費用や習い事には利用不可としているローンがあります。

教育ローンが借りれないという人はどういう方が該当するでしょうか。

色々な原因があると思います。

まず、就業していることが条件でありますので無職であったり年金受給者の方は借りれません。

正社員である必要はありませんが安定した収入があることを証明しなければなりません。

非正規雇用として契約している方は最低限2年以上の勤続年数がないと難しいです。

年収も200万円以上なければ審査を通過することは困難です。

低い金利で借りられる教育ローンと言えば国が運営している教育一般貸付です。

年1.76%という低金利なので銀行や信販会社のローンよりもお得です。

銀行の場合3から5%、ノンバンク系であれば5から10%が一般的なので国のローンが群を抜いて低金利であると言えます。

利用条件として学費以外にも定期代やパソコン購入費など教育に関連したことであれば学校納付金以外にも広く利用することができます。

ただし、国の教育ローンは低所得者の方のためのローンですので対象となるのは大学や専門学校などを目指す中学校卒業以上の子供になります。

教育ローンの金利に関して説明すると、教育ローンの金利というものは、融資機関によって差があります。

低金利な金融機関であれば1%台からとなっているのですが、高いところでは金利が10%近いものもあるのです。

銀行の教育ローンの場合は口座やカードを作ることを条件に優遇金利になる場合があります。

金利の計算方法にも2種類あり固定金利と変動金利というものがあります。

目下のところ低金利の時代となっていますので固定金利の方がリスクが少ないでしょう。

大手・地方問わず銀行の教育ローンは普通は、金利が低い商品が多いです。

ノンバンクのローンよりも融資金額も大きくローンの返済期間も長期間になりますので、月々の返済も余裕を持てます。

近頃はネット銀行もだいぶ増えているのでWeb上で完結する銀行もだいぶ増え、利便性も向上しています。

銀行口座がなくても申し込みOKなローンもありますが口座を所持していると優遇金利を受けられるという銀行が多いです。

また、給与振込の振込口座にその銀行を使っていれば金利が安くなる銀行もあります。

教育ローンもローン契約に違いありませんので、融資を受けるには審査を通過する必要があります。

審査を受けるにあたって、いくつか用意しておくものがあり、本契約までに全て用意しておかねばなりません。

借入申込書はネット申込みの場合は不要ですが源泉徴収票などの収入を証明する書類は必ず必要です。

ほかに、運転免許書やマイナンバーカードなど本人確認できる書類や公共料金の領収書なども必要です。

しかし、何より一番必須となる書類は在学を証明できる書類であったり、合格が確認できる通知、入学許可書ということになります。

教育ローンの返済方法を説明します。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から始まることになります。

利息は通常、借りた日の翌日から発生することになりますが、在学中は利息のみの返済が認められているローンもあります。

返済期間についても長いローンでなんと、最長20年借入可というものがあります。

ですが、返済期間が長引くほど返済金額が増えていきますので気を付けねばなりません。

教育ローンと言っても要は借金ですから事前に返済シミュレーション行い、返済計画をきちんと立てることが重要です。

埼玉りそなの教育ローンをご存知ですか?埼玉りそなの教育ローンは「りそな教育ローン」という名前です。

りそなの教育ローンは変動金利になりますので毎年4月1日と10月1日に金利が更新されます。

現在の金利は2.20%ですが同行で住宅ローンを利用している人は、1.80%の割引金利となります。

最低10万から最大500万円まで借り入れることができ返済期間は最長14年です。

最長4年6ヵ月は利息のみの返済も可能で、納付金を支払った後でも、3ヶ月以内なら借入れできるなどのメリットもあります。

高校生の学費なら安いのでは思う方もいるかもしれませんが、私立であれば年間70万円以上も学費が必要になります。

学費が払えない場合どのようなことになるか?最悪の場合、除籍や退学という事にもなりかねません。

高校は教育機関ですから、すぐに除籍になることはなく一定の猶予期間が与えられますが3か月以上滞納してしまうと、除籍や退学になる可能性が上がります。

学費が滞っている時の解決策は借金になりますが借りる際には借入先は慎重に選びましょう。

国の教育ローンを利用すれば低所得者の方のための教育ローンですので安心して借りることができます。

教育ローンという入学金などを有してくれるローンを提供している金融機関は銀行や信販会社などたくさんあります。

その中で1番おすすめしたいのは教育一般貸付いわゆる国の教育ローンです。

最高融資額が350万円と少なめですが、年利はわずか1.76%で固定金利なので安心ですね。

大学や高校のみならず中学校卒業以上であれば専門学校や各種学校でも認められています。

融資の使い道も入学金や授業料にとどまらず教材費はもちろんのこと定期代や賃貸住宅の支払いなど広範囲に認められています。

国の教育ローンは日本政策金融公庫(財務省所管の特殊会社)が取り扱っています。

教育一般貸付と呼ばれるローンで、最高350万円(海外留学資金の場合は最高450万円)まで借り入れることができます。

金利はわずか年1.76%と低く設定されているほか固定金利なので利子の心配はあまりありません。

世帯年収や子供の人数によって利用可能な年世帯年収の上限額が異なります。

融資された資金の使い道は民間の融資機関よりも幅広く受験にかかった費用や在学のための賃貸住宅費用にも使う事が出来ます。

学生本人が教育ローンを利用するというのは基本的にはできないと思われます。

学費目的であても借金を背負うということですから借主は借金契約ができる人間でなければいけません。

そのために借入をする人が成人であることや安定かつ継続した収入があることが不可欠となります。

その上、今働いている職場を辞める予定がないことや家賃や光熱費などといった生活費を全て自分の収入で賄えていることも重要です。

ですので、国の教育ローンよりは銀行やノンバンクの教育ローンのほうが融資が下りる可能性は高いと言えるでしょう。